睡眠に関わる機能性表示食品の特徴と注意点

睡眠は二本だけでなく世界的に大きな課題として注目されています。よく眠れないために体調を崩してしまい、自律神経系の失調を来してさらに眠れない状況になっている人も多いのが実情です。睡眠に関わる機能性表示食品はこのような社会の救世主になり得るのでしょうか。

機能性表示食品の特徴と利用上の注意点を理解しておきましょう。

「機能性表示食品」って、なに?食品に表示するための条件について解説します!

睡眠の悩みの解決方法は多い

深く充実した睡眠を取れるようにするのが社会課題となっている影響もあって、睡眠の悩みを解決する方法は多数開発されてきました。昔からハーブティーやお香などを使って深い眠りに入れるようにすることはよくおこなわれてきています。

その際に用いられている成分を使ってサプリメントを開発しているケースも少なくありません。また、医薬品では睡眠薬が開発されてきました。自然な眠りとは違う形で意識レベルの低下を引き起こすものがほとんどですが、眠ったようにして体を休められる点では優れているものです。

近年では自然な睡眠に近い眠りをもたらせる医薬品も登場してきています。この他にもアロマやリラクゼーションなどによって睡眠の質を改善する試みもおこなわれています。身近なところではストレッチや運動をして体を適度に刺激したり、寝具の工夫をしたりして眠れるようにする取り組みもあります。

そして、近年になって急速に注目を浴びるようになったのが機能性表示食品を使う方法です。睡眠に関わる機能性表示食品を食べる習慣を作ることで改善を見込むことができます。

機能性表示食品による睡眠対策の特徴

機能性表示食品の表示内容として睡眠に関わるものを取得しているケースは数例あります。アミノ酸やペプチドの一種を用いているのが典型例で、異なる種類の機能性関与成分を用いている商品が開発されてきました。睡眠薬を飲んだ経験がある人が想像すると、機能性表示食品を食べたり飲んだりするとすぐに眠くなるのではないかと思うかもしれません。

しかし、睡眠に関わる機能性表示食品は睡眠薬のように即効性があるものではありません。ハーブティーやアロマの場合にもすぐに眠くなる人もいますが、機能性表示食品の場合にはあまり一般的ではないので注意しましょう。

機能性表示食品に用いられているアミノ酸やペプチドの一種は基本的に体の構成成分です。睡眠に関わると考えられる成分をピックアップして研究してきた成果として、科学的根拠が得られたというケースが大半を占めています。

植物由来のエキスを原料にしている場合でも、機能性関与成分としてはその中の一つのアミノ酸やペプチドを取り上げています。そのため、摂取すると吸収されて体の中に入り、心身を作り上げる成分として機能すると考えることが可能です。

継続的に摂取することで心身の状態が変化していき、良質な睡眠を取れるようになると期待されます。つまり、長期的に摂取する必要があるのが機能性表示食品に共通する特徴です。

機能性表示食品の摂取が必要な期間

機能性表示食品を使って睡眠の悩みを解決したいと思ったときに、長期的な摂取が必要となるとどうしようか迷ってしまう人もいるでしょう。一ヶ月で効果があるなら頑張りたいという人もいれば、一年かかってでも改善する可能性があるなら試したいという人もいるはずです。

中には数日で効果が出ないなら試さないという人もいるかもしれません。機能性表示食品は表示内容についての科学的根拠が必ずあるので、どのような研究に基づいて睡眠に対して使える機能性表示食品として認められたのかを調べることができます。

大抵の機能性表示食品の場合にはメーカーサイトに行くと特設ページがあり、どのような根拠があって睡眠に良いと言っているのかが説明されています。その内容を参照してみると、どのくらいの期間の摂取によって、何パーセントくらいの人にどんな変化が生まれたのかを判断することが可能です。

どういう悩みを持っている人を対象として試験をしたのかもわかるので、自分の場合に効果がありそうかどうかもイメージしやすいでしょう。機能性表示食品ごとに調査結果は異なっているため、それぞれについて調べてみる必要があります。

一般的には数週間から数ヶ月の摂取をして結果を判定しているので、長期的な摂取が必要と考えなければなりません。しかし、個人差もあるので、早い人はすぐに改善が見られる可能性もあります。

機能性表示食品の併用に効果はあるのか

睡眠対策として機能性表示食品を使いたいと思っている人の中には、本当に眠れなくてどんな方法でも良いから改善したいと思っている人もいるでしょう。だんだんと睡眠対策の機能性表示食品も増えてきたので、複数の食品を併用したら良いのではないかと思うかもしれません。

併用によって大きな効果が得られるかどうかはケースバイケースで、一概に言うことはできないので注意しましょう。個々の機能性表示食品については睡眠に対する影響についての根拠がしっかりと確認されています。しかし、他の機能性関与成分と一緒に摂取したときにどうなるかを研究しているとは限りません。

実際には大きな効果がある場合もあるかもしれませんが、自己責任で試すしかないのが実情です。

睡眠の改善には他の努力も必要

機能性表示食品によって睡眠を改善する方法には期待できますが、それだけで改善できるとは考えないようにしましょう。深い眠りにつけないのには様々な要因が影響しています。ただ機能性表示食品を食べ続けるだけで改善する人もいるかもしれませんが、実際には他の努力も並行しておこなうことが必要な場合が多いでしょう。

栄養バランスの整っている食生活を心がけたり、日々少しずつ運動する習慣を作ったり、ストレスを溜め込まない生活を送ったりするのは重要なポイントです。また、ハーブティーやアロマ、リラクゼーションなども併用した方がスムーズにストレスが取れて眠れるようになる可能性もあります。

できることは試すというスタンスで睡眠の改善に取り組んでいきましょう。

機能性表示食品を補助的に使っていこう

機能性表示食品には睡眠対策になる科学的根拠があるのは確かですが、即効性があるわけではありません。体質を改善して眠れるようにするための重要なサポートになると考えて補助的に使っていくのが大切です。食事や運動などの生活習慣など、他の改善努力も継続的におこなっていくことで根本的なところから睡眠の悩みを解決に導いていきましょう。